HOME
 INQUIRY
 LINKS

 『アイ・オン・カナザワ』は、地元金沢のグラフィックデザイナーが制作・発行する、英語版観光フリーペーパーです。金沢を訪れる外国人旅行者に、金沢の情報を英語で提供しています。

 
Eye on Kanazawa は、金沢を訪れる外国人観光客の皆さんに、金沢の情報をお届けする英語版観光情報フリーペーパーです。2008年の創刊以来、地元発信の“生きた観光情報”を英語で紹介し続けてきた本誌が、024号(2019年秋冬号)より「アイ・オン・カナザワ -ダイニング-」として、“食”に関する内容に特化してリニューアル。 金沢でフリーの外国人観光客が消費するものの中で、宿泊費に次いで食費が大きな割合を占めているという動向を踏まえて、より多くの食に関する情報を提供し、外国人観光客受け入れに積極的な地元の飲食店もこれまで以上にPRすることを狙いとしております。 人気の英語メニューや英語対応のスタッフを完備している、外国人大歓迎の「金沢市内レストラン」ページもデザイン一新。 写真も文字も読みやすくなっております。 もちろん季節の観光情報や、イベント等も紹介してまいります。 金沢は、日本海に面していることから食文化にも恵まれており、民間レベルでの英語による観光客受入態勢も整ってきており、外国人でも安心して滞在できる街のひとつとして認知度も高くなってきています。 当社が発行するこの英語版フリーペーパーは、公金に頼ることなく、民間ならではの柔軟な戦略で、外国人へ積極的にアプローチしたいと思っている企業や飲食店の情報のみを掲載しております。 民間はもとより、行政機関の皆さまからの支持も得ております。


 

協賛広告に関するお問い合せ
媒体資料のご請求はこちら
 

アーテックス株式会社
〒920-0997 石川県金沢市竪町21
ムロノコレクションビル5F
TEL 076-261-5175
 

英語は世界共通語

本誌にも、行政が発信する媒体のように数多くの言語で展開する要望が寄せられるのですが、行政の媒体はあくまでも各国に対しての概要PRであり、実際に外国人を受け入れしている現場で、各言語で対応するというのはまず不可能です。けれども、現代では団体の旅行者以外は、ほとんど英語を話しますので、当社では英語を世界の共通語として捉えおり、当誌にご掲載のレストランや宿泊施設の皆さまも「英語であればなんとかなる」「ぜひ英語で接客したい」というモチベーションの方々が多いのが現状です。
 

 運営会社

Eye on Kanazawa及びこのWEBサイトは、アーテックス株式会社により運営されています。Eye on Kanazawaの業務運営の財源は、全て広告掲載料のみで行っており、積極的に外国人観光客を受け入れている民間の掲載依頼者、企業、団体等の協力により作られております。行政からの資金支援等は受けておりません。
 

Eye on Kanazawa

名称:Eye on Kanazawa ~Dining~(アイオン・カナザワ)
サイズ:タブロイド判(405mm × 270mm)
ページ:全16ページ
刷色:全面カラー
発行部数:21,000-25,000部
発行日:年2回(春夏号:3月31日・秋冬号:9月30日)

 
 Eye on Kanazawa ~Dining~ 2020年 春夏号 / Issue 026
●発    行:2020年10月1日(木)
●広告申込締切:2020年6月26日(金)締切
※前号からの広告主さまに継続掲載の有無を6月初旬〜中旬に確認しております。飲食店紹介ページは特に人気枠となっており、スペースに限りがありますので、枠を確保できない場合もございます。その場合は広告枠でご掲載いただくか、もしくは次号での掲載をお願いしております。また、飲食店ページはフォーマット形式になっておりますので、規定の点数(Lサイズ:3点/Mサイズ:1点)以上のお料理を詰め込むことはご遠慮いただいております。規定の点数以上のお料理を掲載希望の方は広告枠をご利用ください。広告枠の制作費は別途となっております。
●広告原稿締切:2020年7月31日(金)必着
※イラストレーター完全データ入稿
※媒体資料請求希望等は、お問合せフォームからご請求ください。ご掲載以外の参考資料用のために媒体資料はご提供しておりません。